【循環園藝ラボ】
シモキタ園藝部が主催する「循環」「多様性」「コミュニティ」を切り口に、専門家や活動家の方から学ぶ連続セミナー『循環園藝ラボ』。

第2回のテーマは ”まちに種をまく 新たなグリーンインフラとしてのアーバンファーミング”

2_______________-01-1024x536.jpg

講師に特定非営利活動法人 アーバンファーマーズクラブ 代表理事 小倉崇さんをお招きして、渋谷・恵比寿などで実践されている”都市農業=アーバンファーミング(UFC)”の活動内容や、園藝部の実践・先日下北沢にオープンしたNANSEI PLUS内に新しくできる園藝部拠点での活動についても意見交換を行います。みんなでディスカッションしましょう!

※当日参加が難しい方は、後日映像アーカイブをご覧いただけます。その場合もお申込が必要です。

お申し込みはこちらから
Peatix

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■イベント概要

<日時>
2月12日(土) 15:30-17:30

<参加方法>
オンライン・・お申込された方には後日ZOOM URLをメールにてお送りいたします
※ 当日の配信方法は、ウェビナーではなく、皆さんと一緒に参加型のディスカッションけいとなります

<参加費>
一般の方:¥1,000
シモキタ園藝部員: 無料

<申込方法>
Peatix 

※申込期限:2月11日(金) 20:30まで

■講師
小倉 崇さん
特定非営利活動法人 アーバンファーマーズクラブ 代表理事

cover-Qin87VkFwX09n3xXXK3hOmeqmfn5ve0Y.jpeg

編集者として活動する傍ら農業に目覚め、2015年、渋谷・道玄坂のラブホテル街にあるライブハウスの屋上に畑と田んぼを作り、渋谷の農家としての活動も始める。

その体験を通じ、今後の社会における都市農業=アーバンファーミングの必要性を痛感し、2018年、定非営利活動法人 アーバンファーマーズクラブを仲間たちとともに設立。

現在は、東急プラザ表参道原宿、渋谷STREAM、恵比寿ガーデンプレイスなど、広域渋谷圏内に6か所の畑と田んぼを設立し、地域の保育園や企業などとも連携しながら、アーバンファーミングを媒介とした新たな都市生活のあり方を提案・実践している。

著書『 LIFEWORK 街と自然をつなぐ12人の働き方と仕事場 』(祥伝社刊)、『渋谷の農家』(本の雑誌社刊)

カテゴリー: